新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

努力を続けるコツ

スポンサーリンク

努力を続けるコツ

多くの方と話していると、多い悩みが

「努力が続かない」

というものでした。中でも

「勉強するスイッチは入る時があるんだけど継続できない」

「一つの事を始めても長続きしない」

といった声を沢山聞くことがあります。

 

そこで今日は、努力を続けるコツと題しまして、少し僕自身の経験で誠に恐縮ですが少しお話しさせていただければと思います。

 

※以前「努力が長続きしない人へ」というタイトルで投稿させて頂きましたが、凄く内容自体が曖昧で読者の皆様に申し訳ないことを致しました。

今回、少し僕自身の答えが見つかりましたので書かせて頂こうと思います。

 

自分の将来像にワクワクしてますか?

まず、努力というのは本来何か達成したい目的があったり、叶えたい事があるからそれに向かって頑張るのだと思うのです。

 

例えば、今の時期だと

夏のイベント(海)に向けてダイエットしたり筋トレしよう!』

とすると、その背景には「きれいにみられたい」とか「かっこよくみられたい」などの思惑があると思うのです。

つまり最終的な目標が

「ワクワク」したり「楽しみ」であったりと何か心から満足感を得るものだと思うのです。

 

だから、何か目標に向かって努力するときというのはその目標が「ワクワク」するものであるかどうかというのは凄く大事だと思うんです。

 

例えば、僕は将来『リハビリ施設を立ち上げる』をというのが目標にあり、その目標に対してすごくワクワクしていて、施設のコンセプトや内装、外観のデザイン、患者層、症例検討の風景や議論の仕方などを常にイメージして妄想しています(笑)

 

だからこそ、この目標達成に向けての過程である今という時間を、沢山の困難に見舞われながらもなんとか続けられているのかなと感じています。

 

きっと、このワクワクする目標がなければ三日坊主の努力で終わってしまうと思うし、現に何か強制的に業務としてやらなければならない事というのは、正直苦痛に感じるときもあります。

 

努力をしている時は案外頑張っていると思っていない

例えばこんな言葉って聞いたことはないでしょうか?

「努力の先に栄光あり」

これは本当のようで実はそうでもなかったりします。

 

というのは、何か成功に向かって頑張っている人というのは、第三者からみれば

「あいつ頑張ってるなあ」

と思われるかもしれませんが、実は当の本人というのは全くそこに苦労なんかなかったりします。

むしろその過程を楽しんでいる人だっているものです。

 

では、この話しに関するものですごく僕が共感している「斎藤一人」さんの言葉を少し引用したいと思います。

 

成功者の苦労話というのをみなさんは聞いたことがあると思うけれど、例えば

「夜中の二時まで働いていたよ」

という話は真実こういうことなんです。

『好きなこと、やりたい事を仕事にしたから、いつまでもやっていたい』

とか

スポンサーリンク

『これでまた自分の夢に一歩近づくのかと思うと嬉しくて、仕事に夢中になっちゃった』

とか。

それで、ふと時計を見たら夜中の二時だった。分かりますか?

「弁当も食べないで働いた」というのは、本当は食欲を満たすより、好きなこと、やりたい事に没頭している方がはるかに快適なんです。その本人にとっては。

本当に楽しくて楽しくて、子供が夢中で遊んでいる感覚とでも言いましょうか。

ともかくエキサイトしています。

それを苦労話に転化された形で伝わっただけなんです。

事実、苦労をしながら成功することはないのです。

 

「苦労の先に成功がある」のは大間違い。

成功というのは、楽しみながら喜びながら成功していくものなんです。

 

すぐに結果が出ると感じがいしないこと

例えば

「英語をネイティブで話せるようになりたい!」

と思いYouTubeなんかを見たとします。

そして、紹介動画なんかで、ぺらぺらに話している日本人をみたら

「すごい!私もこんな風になりたい!」

と思って、中学・高校で習った教科書なんかを引っ張り出しました。

ただ、最初は燃える様に勉強に励むのにだんだんとその炎は沈下して、気が付いたらその英語の教科書は棚の隅に追いやられてしまっている・・・

 

なんてことって皆さんにも経験ないでしょうか?

 

このように努力を始めた頃には、熱い気持ちがあるのに中々結果が出ないとなると徐々に最初見えていた目標が薄れていくことがあります。

当たり前ですが、三日頑張って結果が出る事なんて確率としては本当に低いです。

もう少しで、自分の目標としているところに手が届きそうになっているのに、結果が目に見えないから退いてしまう。

実際、こういった人たちが大多数なのは確かです。

 

では、こういった最初の目標設定を最後までブラさずに達成できた人の共通点って一体なんでしょうか。

それは

・絶対に成し遂げるという強い思い

・好きだから

という二つです。

 

先ほども述べたように、私達は何か目標を決めてその目標がワクワクしたり楽しみなものであればあるほど、努力は特に苦もなく継続することが出来ます。

 

だからこそ、もし「努力しようとしても三日坊主で終わっちゃう」とか「続かない」なんて思う人がいれば、もう一度自分の目標を再確認して、すぐ忘れてしまうようなら紙に目標を書いて目に付くところに張ったり、スマホのホーム画面に目標となるものの画像などに変えたりして、最終的なゴールを霞ませないことだと思います。

 

そして、最も大切なことは・・・

『一番自分がやりたい事』

それを明確に持つことです。

そして

『好きなことにフォーカス』

することです。

そうすればおのずとそれを達成するために今やらなければならない事は自然と見えてきます。

 

絶対に不可能なんてありません。

やろうという強い信念さえあれば必ずできます。

 

皆さんのそれぞれの夢がきっと叶うと信じています。

ワクワクする将来に向かって一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク