新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

プレゼンター募集のお知らせ

スポンサーリンク

プレゼンター募集!!!

お知らせです!

 

現在当ブログから発信させていただいています「0→1セミナー」ですが、現在プレゼンターを募集しています。

 

対象は学生からセラピストまでどなたでも構いません!

※学生、若手セラピスト大歓迎です!!

 

期間ですが、ただいま2019年3月までの予定は埋まっていますので、来春4月よりの募集としたいと思っています。

 

・学んだ知識をアウトプットしてみたい

・人前に立つ自信がないから自信をつけたい

・自分の得意を伸ばしたい

このような思いを少しでも抱いている方いましたら、是非一度当セミナーのプレゼンターとして登壇される経験をしてみてはいかがでしょうか?

ご応募お待ちしております!!

 

今回なぜこのような応募を実施するのか

現在、日本の理学療法業界ではPTの大幅な人数増大や、養成校の乱立、医療費削減といった国の動向からもあまり思わしくない現状というのはご存知な方も大勢いらっしゃるかと思います。

 

そんな時代の中で、さらに大きな問題として

『自分の得意分野が分からない』

『PTに向いていない気がする』

といったような特に若いセラピストのこういった悩みが大変多いことを知りました。

 

確かに、今でこそ少しずつサイエンスを臨床に取り入れて科学の知見に基づいたリハビリテーションの風潮が少しづつ出始めていますが、それでもやはりまだまだ経験論が物を言う背景というのがあって、臨床推論や思考がどうしても自分の考えというよりは先輩や上司の色が強い推論に変わっていってしまうことってあると思います。

 

では、そんな中で経験年数が浅い私達がどうやって『自分らしさ』を出していくのか。

 

それが分からずに日々悩み続けている人って実は沢山いらっしゃいます。

 

そこで、そういった悩みを解決できる可能性があるツールとして『0→1セミナー』というのを立ち上げました。

スポンサーリンク

 

当セミナーのコンセプトの一つとして僕が掲げていますのが

『若手セラピストやPTの卵の皆さんが輝ける場所にする』

『自分のやりがい・得意を発掘、伸ばしていく場所にする』

です。

 

先ほど述べましたように、今の理学療法業界は沢山のしがらみや制度があり、大変混沌としています。

では、そういった状況の中でこのままこの流れに身を任せていて果たして良いのか。

 

自分の人生は一度きりです。

 

このような大変な時代だからこそ、自分の得意なもの・やりがいを見出していき

『私にしかできない事』

というのを是非つくっていっていただきたいのです。

 

そのための『0→1セミナー』であり、この『0→1』の意味も『0』だった自分から一歩踏み出すといった思いを込めています。

 

だからこそいま病院や施設では自分の意見や思いが中々言えない人でも、このセミナーの中で一度壇上に立って、思いや培った知識をアウトプットしていただきたいのです。

 

それで、何が得られるかというのはきっと人それぞれだと思います。

 

しかし、少なくとも今の自分の置かれている現状に対して悶々とする思いを抱えている人がいるとするならば、「誰かに思いを伝える」という一つの行動がきっと自分自身を変える一つのきっかけになるのではないかと僕は信じています。

 

これからのリハビリテーション業界を引っ張っていくのは間違いなく若い私達です。

私達が変えていくんです。

 

いつまでも受け身のまま、診療報酬改定や介護報酬改定の度に一喜一憂させられるくらいなら何か行動して少しでも自分たちの職域を守っていきませんか?

 

 

『0→1セミナー』は自分を変えるきっかけになれるように、悩みを抱えている皆さんを応援できる場所であり続けたいと思っています。

 

 

※応募に関しましては以下のメールアドレスにご連絡していただければと思います。
時期などにつきましてはご都合のつく月を一緒にご相談して決めたいと考えています。

メールアドレス:tokyuryo@icloud.com

 

スポンサーリンク