新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

まるで太陽みたいな人だった。

スポンサーリンク

 

先日、1人の脳卒中後遺症の患者様が退院されていきました。

 

リハビリ期間は約4ヶ月。

 

彼女は常に前向きで、実にユーモアに溢れ、お話し好きで、笑顔が絶えなくて、皆を笑顔にすることができるまるで太陽みたいな人でした。でも一方で、すごく涙脆くて、人の気持ちにも寄り添える、そんな一面もある人でもありました。

 

僕は担当ではなかったので、毎日お話しをすることはできませんでしたが、たまに代行で介入させて頂いた時には、退院後のお話しを凄く楽しそうに、ワクワクしながらお話しされていました。

 

僕は彼女から、『幸せな生き方』を学びました。

 

今日は少しだけ。

 

彼女との思い出をお話ししようと思います。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

今日は久しぶりの彼女のリハビリ。

 

僕は病室に入り一言。

 

ぼく
 〇〇さん!おはようございます!今日は担当の方がお休みなので僕が代わりにリハビリさせて頂くことになりました!よろしくお願いします(^^)

 

太陽さん
はーーい!わかりました!よろしくねー(^^)

 

 

こんな感じでスタートしたリハビリ。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ぼく
〇〇さん。 退院したら何かやりたいことはありますか?

 

太陽さん
そうですね~。
沢山したいことはあるけど・・・・・『本を書きたいですね。』

 

ぼく
おーー。
本ですか。どんな本を書きたいですか?

 

太陽さん
私の病気についてです。
普通の主婦だった私が脳卒中になって、そして入院してリハビリ生活が始まったこと。辛かったこと、悲しかったこと、私にしか書けないものがあると思うんです。

 

太陽さん
色んな人に伝えたいですね。脳卒中というものがどんな病気なのかを。

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

実はこの方、入院した当初はベッドの上でずっと泣いていたんです。

 

元々活動的な人だっただけに、突如として身体の自由と言葉を奪われ、これから先の人生に希望を見いだせなかったのです。

 

最初から“太陽さん”ではありませんでした。

 

でも徐々に。

 

脳卒中という病気と向き合い、出来る限りポジティブにとらえ始めました。

 

いまでは

「あの時、~しとけば良かった」

「もっと~しとけば良かった」

 

4カ月経った彼女の口から過去に対する後悔の言葉は一切でませんでした。

 

むしろ、脳卒中という病気をどうやって今後の人生に活かすのかを前向きに考えておられます。

 

彼女の口から出てくる言葉は全て

「本を書きたい」

「縫い物もしたい」

「旅行に行きたい」

「今回の脳卒中で食事の大切さがわかったから栄養について勉強してみたい」

 

など、文章だけじゃ伝わらないですが、このお話しをされていた時の、彼女はとても美しく、キラキラした表情を浮かべていました。

 

本当に太陽さんという言葉が当てはまるような。

 

そんな表情を浮かべていました。

・・・・

・・・・

・・・・

過去にどんな境遇にあったとしても。

 

人を輝かす源は

『今をワクワクしながら生きているか。』

『未来にワクワクしているか。』

これで十分なんだろうとこの方とお話ししていると強く思いました。

 

幸せの形なんて人それぞれですが、僕は彼女を見てこれだと思ったんです。

 

恋をしている時

 

スポーツに熱中している時

スポンサーリンク

 

勉強が楽しい時。

 

何をしていても、楽しいと思える時ってそれをやり続けた結果、自分の将来像を想像してみたりするところから始まるんじゃないかと思うんです。

 

この人と結婚したら、こんな家に住んで、こんな家庭をつくって・・・

 

将来、プロ野球選手になったら大谷選手みたいに投げて、打てていつか大リーグで活躍したい・・・

 

この研究を通して、将来今まで治せなかった病気を治せるように貢献したい・・・

 

なんて。

自分の未来にワクワク出来るかどうかってとっても大切だなって。

・・・・

・・・・

・・・・

最後に彼女に聞きました。

 

『リハビリをこれからも続けたいですか?』

 

彼女は答えました。

 

太陽さん
リハビリはもう十分です。
先生方にはホントによくして頂きました。
これだけ動ければ、字もかけるし、本も読めます。

 

 

『これからは、好きな事を好きなようにやって生きていきたいです。』

 

 

ぼく
本当に素敵だなあ・・・
よし。

 

ぼく
 〇〇さん。良かったら講演会しませんか?

 

太陽さん
え?

 

 

ぼく
 僕が〇〇さんの講演会を主催するので、講演者としてご登壇していただけませんか?
その時にぜひ、出版した本なんかをテーブルに並べて〇〇さんの思いを色んな人にお話ししてください(^^)

 

太陽さん
いいわねそれ!
サイン会なんかもしちゃったりして(笑)

 

ぼく
いいですねえ!(笑)
ワクワクしますね!

 

太陽さん
是非やらせてください。なら退院したら、早速執筆しないといけないわね

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

僕は今まで、脳卒中になってしまったら、患者様は皆身体をもっと良くしたくてリハビリしたい人が多いのではないかと勝手に思っていました。

 

しかし中には、こんな風に今の身体であっても、自分のこれからの夢や目標を見つけてワクワクしながら一瞬一瞬を生きている人がいます。

 

皆さんはどうですか?

 

いま、楽しく1日1日を過ごすことができていますか?

 

毎朝、憂鬱な気持ちにならずに起きられていますか?

 

次の休みをただ待ちながら1日1日を消化していませんか?

 

さいごに

僕は彼女から脳卒中になっても生きがいを見つけ、楽しく生きていく道があることを教えてもらいました。

 

だから。

 

これをもっと形にしたい!!

 

脳卒中になって半身使えないから、何も出来なくなるという概念を捨てるような。

 

そんなイベントを企画したい!⤴︎

 

脳卒中後遺症の方が、これからワクワクしながら生きていける。

 

そんな希望の詰まったイベントをやってみたい。

 

ただ、それには決して僕1人の力じゃ出来ません^^;

 

どなたか一緒にお手伝いしていただける方はいませんか??(^^)

 

『今』に。そして『未来』にワクワクする生き方を。

 

もう一度、忘れかけている人達に届けたい。

 

ご連絡は、コメントやTwitterのDMまたはInstagramのメッセージまでお願いします(^^)

※Twitter、Instagramは『きんたろーブログ』と検索して頂ければ出ると思います(^^)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク