新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

症例発表会終わりました!

スポンサーリンク

こんにちわ!きんたろーブログ(@kintaroblog)です!(^^)!

 

さてさて本日。

 

無事に症例発表会終了致しました〜(*ˊ˘ˋ*)♪

 

少人数の中、だからそこかも分かりませんが凄く積極的な意見交換ができました!

 

参加者の皆様からも

『凄く良い勉強になりました』

『こういった勉強会をもっとしたい』

というありがたいお声を沢山頂き、大成功だったのではないかと思っております。

 

振り返り▷▷▷▷▷

 

今回の発表では、とにかく『聴衆の方を置いてけぼりにしない』というのを意識して、発表者の方と打ち合わせを繰り返しました。

 

そして、『~すれば良くなった』という方法論が先行したものではなく、何故そのように考えたのかという発表者の思考プロセスをさらけ出した内容にしてみました。

 

伝えたいメッセージを以下に示しますと…

 

①目標を具体化する(BIG WORDだけにしない)

②主張⇋根拠は必ずセットにする(論理が飛躍する)

③仮説-検証作業を徹底する(反証を受け入れる)

 

この辺りを特に意識しながらお伝えさせて頂きました。

 

2人発表して、議論も含めてなんと1人1時間(笑)

 

めちゃめちゃ濃かったです(笑)

 

一般的な『結果』にフォーカスした症例発表も凄く大事ですが、今回のように『思考プロセス』にフォーカスした発表というのも、とても面白いなあ(時間はかかるけど)と思います。

スポンサーリンク

 

また、こういった形式で症例発表会を企画出来たらと思っています。

 

ぜひ、今回聴衆でご参加して頂いた皆様は次は発表者になって、一緒に盛り上げて貰えたらありがたいなあと思います(*^^*)

 

次回、まだふわっとですが考えているのは、もっと『臨床の分からないところ』にフォーカスして、上手くいかなかったケースをガンガン出して貰えるような内容にしていけたらと思っています。

 

『上手くいかないものを発表する』

 

これを当たり前にしていけたらと密かに思っているところです…笑

 

あと、会場も初めての試みであるゲストハウスで行いました(*^^*)

 

飲み物片手に、終始ゆったりした空間の中だったので凄くやりやすかったなあという感想です。

 

会場をご提供してくださった『B@C gakubuchi』さん、本当にありがとうございました(*^^*)

 

なお、今日の勉強会で大事な部分は『note』に書いています。

※参加者して下さった方との差別化を図る目的で有料化しています。ご了承ください。

 

ご興味ある方はどうぞ(^^♪

勉強会振り返りnote

 

さあ!

明日からも臨床がんばりましょーーう(^^♪

 

 

 

スポンサーリンク