新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

プロフィール

NO IMAGE
スポンサーリンク

自己紹介

【名前】:きんたろー

【職業・資格】

・理学療法士(認知神経リハビリテーション療法士)

・脳神経外科クリニック勤務

【出身】:大分県

【趣味】:野球

【ブログのテーマ】

・頑張っている人を応援したい!!!➪キラビトさん企画

・セミナーを通して新人セラピストと学生の皆さんで考える力を身につけ、経験則に翻弄されない働き方を共有したい!!!

 

☆こんな人に読んでほしい☆

・理学療法士&作業療法士の方

・理学療法士&作業療法士の学生の方

・仕事や生きることが辛いと感じている人

・夢や目標に向かって頑張っている人

 

もうすぐ、理学療法士3年目になりますきんたろーです。

このブログを運営する人間がどんな奴なのか簡単ではありますが、書いてみようと思います。

気が向いた時にでも読んでいただけたらありがたいです┏○┓

理学療法士を目指したきっかけ

僕のこれまでの人生にはいつも“野球”がありました。

 

小学生の頃に父親から無理やり入部させられ最初は大嫌いだったはずが、気づいたら高校では甲子園を目指し、社会人では都市対抗野球の全国大会を目指し、野球一筋の人生を送っていました。

 

とはいうものの、そんな上手いわけではありません。

 

高校では背番号をもらうことに精一杯。

 

ベンチに入ったとしても、せいぜい声出し要員といったような感じのレベル。

 

こんな風にいったら、何だか半ば諦めているように聞こえるかもしれませんが(笑)

 

決してそんなことはありません。(笑)

 

というのも、僕は自宅から遠方の高校に入学したのでその関係で寮に入っていました。

 

そのため部費、寮費、遠征費など金銭面含め沢山迷惑をかけていた親に少しでもかっこいいところを見せたいという思いが強かったから当時は死に物狂いで練習していました。

 

だけど、中々思うようにならないのがスポーツというもので。

 

そんな時…

「このままずっと誰かの背中を見続けて人生過ごすのかなー。」

と、ふと思ったタイミングがあったんです。

同時に。

 

「変わりたい」

 

こう思うのに時間はかかりませんでした。

 

野球を引退してから自分の進路をどうするか悩んだ時に、野球をしていたこともあり「怪我」と遭遇することが非常に多かったことを思い出しました。

 

その時に、咄嗟に

「これだ!」

と思ったんです。

 

選手としては一番にはなれないけれど、サポートする側ならもしかしたら誰かの人生に影響を与えられるんじゃないかと。

 

そしてその時に抱いた夢は「プロスポーツ選手の専属トレーナーになりたい!」です。

スポンサーリンク

 

とまあこんな感じで医療の道へ進むことを決意した次第でございます。

このブログで伝えたい事

新人セラピストの皆様へ

私は現在、脳神経外科のクリニックに理学療法士として勤務しています。

 

学生の頃には理学療法士という職業にすごく憧れを抱き、「どんどん患者さんを治してやるぞ!」と意気込んでいたのに、いざ臨床現場にでると・・・

 

・結果がでない

・勉強しなければいけないことは分かってるけど何を勉強すれば良いか分からない

・予後予測が立てれず常に後手後手になってしまう

・臨床推論の立て方が分からない

 

といったようなことは新人であれば何かしら遭遇してしまうのではないでしょうか。

 

ですので、このような悩みを少しでも解決するヒントをこのブログで書いていきたいと思っています。

 

そしてこのブログを読んで明日から、少しでも表情を明るくして臨床に挑める手助けが出来たら幸いです。

学生の皆様へ

学生時代に最も苦労するイベントの1つである

“臨床実習”

 

僕も臨床実習の時は大変苦労して楽しさ半分、苦しさ半分といったような感じでした。

 

実習中は孤独でセラピストがみんな怖く見えてくることもあります。

 

そんな、必死に戦っている学生の皆様の
・実習中の心構え
・セラピストの目線から実習生はどのように見えているのか
・患者様との関り方

 

など、実習生ならではの悩みを、自分の実習時代の体験も踏まえながら、そしてセラピストになってみた今の目線で見る実習生の見方などをお話し出来たらと思っています。

自分の「生き方」や「働き方」に悩む方へ

 

生きていると、仕事をしていると。

 

しんどいことや辛いことって山ほどありますよね。

 

僕はPTとして働き始めた1年目に『うつ病』になりました。

 

PTという仕事に対する憤りや、患者様に何も出来ない無力感。

 

沢山の“負の感情”が積み重なった結果、うつ病を発症してしまったのです。

 

しかし、この病気と出会ったことで自分と見つめ合う時間が圧倒的に増えたことで『自分が何をやりたいのか』というのが明確になってきました。

 

今のところ、うつ傾向自体は緩和しつつあります。

 

今は、この体験を通して、過去の自分と同じように『毎朝起きるのがしんどくて仕方ない』と思って働いてる人達に、少しでも力になることが出来ればと、ブログを通して発信しければと思っています。

 

このブログでは、理学療法、自己啓発の分野を中心に明日からの臨床や生き方、働き方のヒントに少しでも繋がっていただければと思っています。

コメントや質問など沢山承っております!

当ブログ又は、Twitterも行っていますので、そちらからDM等をしていただければと思います!

よろしくお願い致します。

スポンサーリンク