CATEGORY

痛みの科学

スポンサーリンク
  • 2022年4月11日

徒手療法で姿勢や身体の構造を変えることはできるか?

きんたろー みなさん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram さて、この記事を読んでくださっているセラピストの皆さんの中で、『徒手療法(マッサージや筋膜リリースなど)』を治療手段の一つとして日々の臨床現場で用いている方はいらっしゃるでしょうか? では、その中で「用い […]

  • 2022年2月28日

3種類の鎮痛薬の作用機序を解説!

きんたろー みなさん、こんにちは!理学療法士のきんたろーです。 骨折や外傷、腰痛、捻挫をはじめとした様々な怪我に共通していること。 それが『痛み』です。 そして、人はこの痛みを感じた際、次に取る行動の一つが『痛み止め(鎮痛薬)を飲むこと』です。 お腹が痛くなった時や歯が痛くなった時をイメージして頂く […]

  • 2022年2月7日

【慢性疼痛リハビリ】運動恐怖と自己効力感どっちがより重要?

慢性疼痛に対するリハビリを進めていく際に、近年頻繁に出てくるキーワード。 それが、『運動恐怖』と『自己効力感』です。 この2つのファクトと痛みの関連性については世界中で多数報告されていることから、今後慢性疼痛のリハビリテーションを進めていく上でこれらは考慮すべき重要なポイントになりそうです。 とはい […]

  • 2022年1月28日

炎症によって痛みが発生するメカニズム

骨折や靭帯損傷、切り傷等によって必ず生じる症状の一つ。 それが『炎症』です。そして、この炎症が生じることで多くの場合“痛み”を伴います。 そこで、皆さんに一つ質問です。 炎症が生じると、なぜ“痛み”を伴うのか。そのメカニズムをご存知でしょうか? セラピスト 炎症があると痛みも出るって、直感的には分か […]

  • 2022年1月25日

【脳卒中リハビリ】脳卒中後、麻痺側肩の痛みが生じる原因は◯◯

こんにちは、理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram いきなりですが…脳卒中後、麻痺側の肩関節に疼痛が生じる人の割合ってどのくらいかご存知でしょうか? ばらつきはありますが、ある報告では脳卒中後約85%の人に生じるとも言われています。(Bender and McKenna 200 […]

  • 2020年4月26日

慢性疼痛患者に鎮痛薬が効かない理由

きんたろー こんにちわ!理学療法士のきんたろーです!   皆さんは、臨床場面で患者様からこのようなことを言われたことはありませんか? 僕自身、慢性疼痛の患者様からこれめちゃめちゃよく聞くんですね。   ただ、よくよく鎮痛薬の作用機序と慢性疼痛のメカニズムを結び付けて考えると、慢性 […]

  • 2020年4月12日

【痛みの伝導路シリーズ3】ペインマトリックス編

きんたろー こんにちわ!理学療法士のきんたろーです。 さてさて、今回は痛みの伝導路【第3回】です。今回が最後になりますので、ぜひ最後までご覧になってみてください(^^) 前回までの記事が見たい方はこちらから見ることが出来ます。 さて、前回は二次侵害受容ニューロンが視床の内側核群と外側核群に到達すると […]

  • 2020年4月5日

【痛みの伝導路シリーズ2】二次侵害受容ニューロン編

きんたろー こんにちわ!理学療法士のきんたろーです さて、前回【痛みの伝導路シリーズ1】という事で、痛みのメカニズムについて触れてきましたが、今回はその第二弾です。 前回お話ししたように、痛みの伝導路はリレー形式で考えた方が理解しやすいです。 きんたろーブログ.Instagramから引用   […]

  • 2020年3月24日

【痛みの伝導路シリーズ1】一次侵害受容ニューロン編

きんたろー こんにちわ!理学療法士のきんたろーです さて、皆さんは『痛みの伝導路を説明しなさい』と言われたらきちんと自分の言葉で言語化することができますか? ちなみに、後ほど話しますがこの時に、『外側脊髄視床路』のことだけ述べても、正解ではあるんですが実はこれだけでは不十分です。 そこで、今回から連 […]

  • 2020年3月5日

痛みの種類を鑑別する4つのフラッグ

きんたろー こんにちわ!きんたろーブログです 今回は、痛みを伴う患者様のリハビリテーションを進めていく上で欠かせない、痛みの種類の判別についてお話しします。 痛みの種類を鑑別する4つのフラッグ   患者様が訴える痛みの中には、療法士が対応出来るものもある一方で、療法士では対応できないオペ適 […]