きんたろーブログ@Twitter

リハビリや経営に役立つ豆知識を発信

きんたろーブログ@Instagram

フォロワー2000人突破!

神経疾患のリハビリに従事する理学療法士のきんたろーがリハビリテーションに関わる知見をエビデンスベースで発信

  • 2022年5月17日

筋肉の支配神経一覧まとめ

きんたろー こんにちは、理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram こちらでは、ヒト骨格筋を支配している神経を一覧にまとめています。 療法士及びその他医療従事者における国家試験の頻出問題でもあり、加えて臨床場面においても非常に大切な知識になります。 ぜひ、繰り返しご覧いただきしっか […]

  • 2022年5月16日

鎖骨に着く筋肉一覧〜起始&停止あり〜

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーInstagram 鎖骨に着く筋肉を一覧でまとめてみました。 基本的な部分ではありますが国家試験はもちろん、日々のリハビリテーションを進めていく上で非常に重要な知識なので、繰り返しご覧頂き知識を定着していきましょう! また、国家 […]

  • 2022年5月14日

補足運動野を活性化すると歩行の◯◯が改善する

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram さて本日は、神経科学どっぷりの内容でお送りして参ります。 内容は、脳卒中後遺症患者様の補足運動野に対して経頭蓋直流電気刺激(tDCS)を行った時に、『歩行能力』そして『皮質脊髄路』がどのように変化するのかを […]

  • 2022年5月10日

脳卒中後に歩行の推進力が低下してしまう原因とトレーニング方法の紹介

きんたろー こんにちは、理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram 脳卒中後、歩行のリハビリテーションを進めていく際にキーワードの一つとしてよく挙げられるのが、『推進力』です。 推進力とは、歩行を行う際に前方へスムーズに進んでいく力のことで、この力を得るためには歩行立脚後期に後肢で […]

  • 2022年5月5日

【2022年改定版】関節可動域の正しい測定方法と定義

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram さて、2022年4月より、リハビリテーションの場面で頻繁に用いる『関節可動域』の表示方法と測定方法に一部改定がありましたね! 関節可動域の改訂は、1995年以来27年ぶりに行われるみたい! そこで今回は、改 […]

  • 2022年5月2日

【イラスト&英語付き】関節運動の種類と特徴一覧

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram 人の関節運動は、理学療法士や作業療法士をはじめ、多くのコメディカルの方や柔道整復師や鍼灸師の皆さんも養成校時代必死に覚えてこられたのではないでしょうか? 関節運動の理解は、人の体を見ていく仕事を生業とする私 […]

  • 2022年4月29日

振動刺激療法を行う際の周波数の求め方

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 近年リハビリテーション領域のなかで、『振動刺激療法』というのが大きな注目を浴びています。 理由としては、従来のリハビリテーションでは主に筋肉や関節がターゲットとされていましたが、最近これに『脳機能』という部分にトピックが当たり始めているか […]

  • 2022年4月25日

慢性疼痛に対する頭蓋仙骨療法の効果を検証してみた

きんたろー 皆さん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram さて本日は、「オステオパシーの効果をちゃんと科学的に検証してみようぜシリーズ」でございます。 その他、オステオパシーシリーズはこちら。 オステオパシーにも色々種類がありますが、今回検証していくのは『頭蓋仙骨 […]

  • 2022年4月15日

脳卒中後に生じる反張膝の改善トレーニングを紹介

きんたろー みなさん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram 脳卒中後のリハビリテーションに携わっている方であれば、一度は経験したことがあるであろう反張膝(back knee)。 この現象は、脳卒中後に生じる歩行障害の一つであり、改善したいと願う患者様やセラピストの […]

  • 2022年4月11日

徒手療法で姿勢や身体の構造を変えることはできるか?

きんたろー みなさん、こんにちは。理学療法士のきんたろーです。 きんたろーのInstagram さて、この記事を読んでくださっているセラピストの皆さんの中で、『徒手療法(マッサージや筋膜リリースなど)』を治療手段の一つとして日々の臨床現場で用いている方はいらっしゃるでしょうか? では、その中で「用い […]