新人セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)とリハビリ学生を応援するためのブログ

『身体図式』と『身体イメージ』の違い①

スポンサーリンク
生徒
せんせーーい。質問があります!

 

先生
 ほい。今日はどうしたんじゃ?

 

生徒
今日、実習で『身体図式』という言葉が出てきたんです。これって、以前学校で教わった『身体イメージ』と同じものですか?

 

先生
 ふむ。『身体図式』と『身体イメージ』か…

 

先生
実は、この二つの言葉は混同して使われがちじゃが大きく違う点があるんじゃ。

 

生徒
え、そうなんですか?

 

先生
そうじゃ。ではちょっと諸家らが述べている『身体図式』と『身体イメージ』について、言葉の定義を集めてみたから見てみようかの。

 

『身体図式』と『身体イメージ』の違い

身体図式(body schema)

☑『自分の身体の姿勢や動きを制御する際にダイナミックに働く無意識のプロセス』森岡.2016

☑『意識に上る前の脳内身体表現(無意識下でも実行できる運動や姿勢の制御に関わる神経活動)』内藤.2016

☑『自覚(aeareness)を伴わずに機能する感覚-運動システム(意識の志向対象とならない)』田中.2013

 

身体イメージ(body image)

☑『自分自身の身体について意識的に持つ表象』森岡.2016

☑『心に抱いている自分の身体であり、身体に対する主観的認知』高草木.2012

☑『意識に上る脳内身体表現』内藤.2016

☑『自己の身体を対象とする認知であり、心像(イメージ)をともなう(意識の志向対象となる)』田中.2013

 

先生
さて、言葉の定義を二つに分けてみていったが、何か気づくことはあったかな?

 

生徒
んー。二つを見比べてみて気になったのは『意識』というのが何かキーワードになっている印象を受けました。

 

先生
その通りじゃ。君の最初の質問に答えるとしたら、『身体図式』と『身体イメージ』の大きな違いというのは“意識できるものか否か”というのが答えになるんじゃ。

 

生徒
なるほど…そういうことだったんですね。

 

身体図式と身体イメージの病態

 

さて、ここまで『身体図式』と『身体イメージ』の言葉と概念の違いを説明してきました。

 

次は、この両者の現象学的な病態の違いについて実際の症例を通して学んでいこうと思います。

 

※ここからお話しする内容は、東海大学の田中先生の論文とご講演の内容を参考にさせていただいています。

身体図式と身体イメージが解離した症例

皆さんはシュナイダーという方を知っていますか?

 

この方は第一次世界大戦中に後頭部を損傷し、その影響によりこれからお話ししていく様々な症状を呈しました。

 

彼については、神経学者のゴールドシュタインと心理学者のゲルプが症例として紹介し、そして哲学者であるメルロ・ポンティという人物が、『身体図式』について彼の話を取り上げて解説しています。

 

 

彼の症状は身体図式と身体イメージという言葉を現象として観察できる大変興味深い症状を呈しています。

 

では、早速このシュナイダーさんの呈した症状を『出来ること』と『出来ないこと』、大きく二つに分けて見ていきたいと思います。

 

出来ること

スポンサーリンク

・箱からマッチ棒を取り出し火を点ける

・蚊に刺された部位に手を持っていき掻く

・ポケットからハンカチを取り出し鼻をかむ

➪閉眼状態であったとしても、習慣的や生活に必要な運動であれば遂行可能

 

出来ないこと

・他者から身体の一部(頭部・上肢・下肢)を触られても、どこかを言い当てることが出来ない

・身体部位を動かすように命令されても動かすことが出来ない

・自分の鼻の位置を触る様に命じられても鼻の位置がどこか分からない

➪他者に指示され、意識して運動を行おうとすると途端に遂行不可能になる

 

いかがでしょうか。

 

一見、観念運動失行にも見える症状ですね。

 

では、ここからこれらの症状を『身体図式』と『身体イメージ』と絡ませてお話ししていこうと思います。

 

冒頭で述べたように、『身体図式』と言うのは意識化されず、意識の陰に隠れて運動の遂行に貢献するものです。

それ(身体図式)自体は、意識の志向対象とはならない。むしろ、習慣化された動作のように特別な注意を必要としない場面で、より滑らかに機能する。(田中.2013)

 

これに対して身体イメージは…

一定の注意を求められる複雑な動作を行う場合や、他者からの求めに応じてある動作を行う場合、このような際には特定の部位が一度イメージされる必要がある。

 

というような違いがあります。

 

シュナイダーさんは特に注意を必要としなかったら上下肢の運動は遂行可能(鼻に指をもっていくなど)であるにも関わらず、運動を指示されたり新しく覚える運動などのように、一度注意や意識の対象となると出来なくなります。

 

これら現象学的側面と、これまでの説明から導きだされる結論としては…

 

シュナイダーという症例は、『身体図式』は残存しているにも関わらず『身体イメージ』が欠落していると考えることができます。

 

彼(シュナイダー)にとって自己の身体は、習慣的かつ具体的な行動の主体ではあっても、知的認識の対象として現れてこない。(田中.2013)

知的認識とはおそらく『イメージ』のこと指しているのだと思います。

 

このように、身体図式と身体イメージは言葉の定義や概念も違う上に、シュナイダーさんのように病態としても違いがあるようです。

 

 

先生
どうじゃ?スッキリできたかな? 

 

生徒
はい!わかりました!

 

生徒
ただ一つ疑問なんですが…『身体図式』は残存しているにも関わらず『身体イメージ』が欠落している患者さんはシュナイダーさんの症状を見ていく中で分かったのですが、その逆って存在するんでしょうか?

 

先生
逆というと…『身体図式』が欠落しているにも関わらず、『身体イメージ』が残存している。ということかの?

 

生徒
はい、そうです。

 

先生
ふむ、いい疑問じゃ。その答えじゃが…実は実在するんじゃ。では次回はその内容を話していこうかの。

 

生徒
はい!お願いします!

 

スポンサーリンク